パワースポット・阿蘇神社のご利益と歴史、見どころをチェックしよう!

熊本の観光地でもある、阿蘇市にある阿蘇神社は、全国にある阿蘇神社の総本山でもあります。国の重要文化財として指定されている場所も多い、日本の歴史ある財産なのです。人気観光スポットの阿蘇神社の歴史や中身に迫ってみましょう。

パワースポット・阿蘇神社のご利益と歴史、見どころをチェックしよう!

熊本でも人気が高い観光スポット、阿蘇神社は、熊本のパワースポットということでも注目が集まっています。そして、阿蘇神社というのは、全国に何と450社もあるのですが、その総本山となっているのが、熊本は阿蘇にある阿蘇神社なのです。

では、この阿蘇神社の気になるご利益ですが、いくつか挙げられます。1番皆さんが気になる所で言えば、縁結びの神様であるということです。ですので、片思いの方、結婚したいけど、彼がなかなかそういった言葉を口にしてくれないなんていう方は、一緒に彼とお祝いに行ってみても良いでしょう。

縁結びのためにここを訪れるのであれば、高砂の待つというものが社内にあります。この場所はかなりパワーが強いとされています。この松の回りを男性の場合、左回りに2周、女性は逆回りに2週することで、結婚運や恋愛運がアップするといわれています。

そして、不老長寿(神の水に触れましょう)や生活守護にもつながる神社とされています。長生きするだけでなく、生活を安泰させながら生きていくという意味でも、この神社でお祈りすることは、あなたの人生に問題を起こさせないためにもなるのです。

他にも、交通安全や学業成就、活力アップに忍耐力を授けてくれる(願掛け石に触れれば願い事をかなえてくれるといわれています)など、生きるためのパワーを与えてくれる神社となっています。

では、この観光スポットとしても人気な阿蘇神社の歴史ですが、823年頃から神をこの場所に祭ったという記録が残っていますが、神社が建てられた正確な日時はわかっていません。しかし、こんな歴史のある建造物も、あの熊本地震で壊されてしまいました。

現在は、熊本県のシンボルである熊本城と同様、震災から6年を目途に再建に力を入れています。そんな阿蘇神社も、重要文化財を抱えているスポットでもあります。まずは、一から三の殿まですべて国の重要文化財となっています。

他にも、神社の構えとなっている、楼門、神幸門や還御門は、どれも江戸時代末期に造営されたものですが、重要文化財として保管されています。ただ阿蘇神社にパワー(御利益)をもらいに行くのではなく、こういった歴史的な財産を見るのにもこの場所はおすすめです。

ここまでの交通アクセスは、JR九州の宮地駅から徒歩15分程度で、これだけ観光スポットとなっていますから、駅員さんはもちろんこと、歩きながら地元の人に行き方を聞いても、必ずわかりますし、観光客の波についていけば間違いありません。